消費者金融のキャッシングとの違いって何?

借りやすい消費者金融

消費者金融の大きなメリットが借りやすさです。大手消費者金融では全国に自動契約機が設置されていて気軽に申し込みをすることができます。ネットでの申し込みも便利ですが、自動契約機であればその場で契約からカード発行まで可能で、すぐにお金を借りたいと考えている人に最適です。銀行でも自動契約機を設置しているところもありますが、大手銀行などに限られています。
また、審査でも、銀行よりも消費者金融の方が比較的通りやすいと言われていています。このように、消費者金融はお金を借りやすく、急なトラブルが発生した時、欲しいものがあるのに手持ちのお金が足りないときなど、すぐにお金が必要な時には大きな助けとなってくれる金融業者です。

金利が高いのがデメリット

利便性が良いのが消費者金融の特徴ですが、その分、金利が高いのがデメリットとなります。消費者金融の上限金利は多くが18%に設定されています。銀行では上限金利は14~15%が平均となっていて、金利には大きな差があります。すぐにお金が必要といった時には消費者金融が便利ですが、少しでも金利を負担を抑えたいと考えている人には銀行で借りるほうが良いでしょう。
ただ、大手消費者金融の多くが無利息サービスを提供しています。このサービスは初回限定で、一定期間無利息にするというサービスです。急な出費ですぐにでもお金が必要だが、給料日には全額返済できるといったケースでは、この無利息サービスを利用すれば高い金利も気にならないでしょう。金利が高いことがデメリットですが、利用の仕方によってはこの金利も気にすることなくお金を借りることができます。